☆明るく楽しく笑顔で元気に☆


B型だと思って30年生きてきたAB型の夫とベビーの日常をつづっています    
by nahomi_sue
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

バリスタさん

今日

今年行われた
バリスタの世界チャンピオンシップで

堂々2位になられた方の
バリスタ講習会があった

そこでは

講習前には
葉っぱやハート型の絵が描かれたカプチーノを

講習中には
煎れたてのエスプレッソを

試飲させてもらった


カプチーノについての時間


これやってみたい人!


カプチーノの
スチームミルクの温め方と
それに絵を描くという作業を
実際にやってみたい人
を先生が募った時


ちょっと間を置いて
真っ先に手を挙げたら

じゃあ


と体験させてもらった


その後も
質疑応答の後

真っ先に
先生の著書にサインと
記念写真を
お願いしたら

快諾していただけた


先生は
世界的な大会に出ていらっしゃる方だけど

とっても
恥ずかしがり屋さんみたいだった


先生が
世界大会の時の話をしていた時

今回の成績が良かった事について


弟と
奥さんと
気の知れた通訳さんと一緒だったから

精神的に安定してた


とおっしゃったのが
印象的だった


何かを頑張ろうとしている時

近くに
自分のことを理解してくれて

自分のことを暖かく見守ってくれて

自分のことを信じてくれている

そんな身近な人がいる

それだけで

すごい力になるんだな

って

よくわかった


だから今

わたしは
頑張れるんだ

そう思った
[PR]
by nahomi_sue | 2005-08-31 22:35 | 日々のいろいろ

ついてない!

昨日
ほぼすべての化粧品が入ったポーチを

自分の部屋のトイレで
ぽちゃんした

もちろん
全部捨てた


今朝
私が家を出た時は

まだ
太陽がかんかんに照っていたけど

日中は
大阪では久々の

バケツをひっくりかえす

という表現がぴったりの大雨

バイトだったので
終わる頃にはやむかな…って思ったのに

それなのに

今日、暇だし、あがろっか


文字通りどしゃぶりの真っ只中

帰っていいよ

と言われた


雨宿りのつもりで
バイト先でランチを食べ

止んだ頃に店を後にし

ちょっと気になっていた
雑貨屋さんへ
行ってみた


特に何もなかったから
店を出ると
また雨がしとしと降り出していた


はぁ
ついてないなぁ
もう
帰ろう


地下鉄の駅に着いて
電車を待っていると

やってきたのは
わたしがおりる駅の
ひとつ前が終着点の電車

時には流されてみるか


そのまま乗った


駅に着いてから
家までの道のりを

ひたすら小雨のパラつくなか
傘もなく歩いた


家に着いて
水を飲みすぎたかな
と反省しつつ
トイレで用をたす



嫌な
カランという乾いた音と共に

トイレットペーパーの
最後の10cmくらいだけが取れた



なくなりそう
って思ってたじゃないか!

それを忘れてた
自分自身に腹が立つ


きっと寝不足がたたってるんだ


そう思いながら
新しく買ったすべての化粧品を

トイレから遠ざけた


明日は
今日よりは
良い日になりますように
[PR]
by nahomi_sue | 2005-08-30 23:24 | 日々のいろいろ

霜取り作業の快感

わたしの

1人暮らしの家は
レ○○レス
ではないけど

家電がついています

今年から始まったもサービスらしく

わたしの部屋には
新品の
電子レンジ
全自動洗濯機
小さなテレビに

ちょっと年代物の冷蔵庫

がついています


この冷蔵庫

おそらく
よくビジネスホテルなんかを利用する人には
想像できると思うのですが

たてよこ50cmくらいの

小さな小さな冷蔵庫です

もちろん
冷凍庫はなく

気もち程度の
冷凍できるかできないかの
けっこう微妙な

仕切り
がついています



この方。本当によく霜まみれになられます。



たて10cm、よこ15cm程度の仕切りなのに

同じくらい分厚い霜
をたずさえて

わたしは冷凍庫です

といわんばかり
存在を
アピールしまくっています


さて

意を決して
本日午後4時より
霜取り作業を開始いたしました


小さな小さな冷蔵庫なので
中身を全部出してしまって

霜が溶けるのを待とうかな

と思いましたが

あの大量の氷を溶かしたくてたまらない!!!!

大量の氷をごそっと取ってしまいたい!!!

っていう変な衝動に駆られ

もくもくと煙が出るほどに熱したフライパンで


じゅうぅぅぅぅぅぅぅ


と溶かしまくりました

あの音
溶けた時のあのしずく

おもしろい!

楽しい!

溶ける!

冷蔵庫じゅう
水びたしになりながら


フライパンを熱しては
じゅうぅぅぅぅぅ

水滴を拭いては
フライパンを熱する繰りかえし




30分くらい経ったころでしょうか

ようやく

こんなに薄っぺらかったの??
っていうくらいの
冷凍用の仕切りが出てきました

ごんごん
フライパンでその仕切りをたたき

ヒビを入れて
ごっそりと氷を取ります


むふっ


手の平大の氷が取れた時の快感

してやったり

の気分です




最近の冷蔵庫

霜取りの作業なんて
よっぽどのことがない限り
ないと思うのですが

なんだか

★愛着をもつ★

ということから考えると

こんな変な作業も

たまには必要なのかもしれませんね



[写真]  ヨーグルトにも、牛乳にも、パンにもお団子にも なんでもゴマを入れるのが好きです


e0009714_18311780.jpg

[PR]
by nahomi_sue | 2005-08-29 18:38 | 日々のいろいろ

ぐうの送別会

昨日
ぐうの閉店にともなう
ぐう送別会がありました

料理長以下
今までの社員、アルバイト、系列店店長など
総勢30人以上が集まりました


幹事である店長の人数確認ミスで
宴会場に人が入りきらず

わたしたちのような
新米アルバイトは

別の個室で

2人用の長いすに3人で腰かけ

4人用のもつ鍋を9人で
つっつかなければならなくなりましたが

好きなように
食べたり、飲んだり、騒いだりしていました


どさくさにまぎれて

普段は無愛想だけど
今日はすさまじく酔っ払った料理長と

ピースして一緒に写真を撮ったり

今日も相変わらずぶっきらぼうな店長と
まるでカップルのように写真を撮ったり

みんながそれぞれ

古い付き合いの中に

新たな
楽しい思い出を作っていました


宴もたけなわ

という時に

誰からかの提案で

料理長
店長

から
お別れの挨拶をもらうことになりました


ぐうが今まで歩んできた6年間

唯一

開店から
閉店までいたのは
料理長たった1人です


そんな料理長からの言葉は
普段とはまったくちがい

やわらかく
おだやかで

すこし
涙ぐんだような声でした

   今までぐうをしてきた
   6年間

   みなさまには
   本当にお世話になりました

   厳しいこともたくさん言ってきたと思いますが
   みなさんと過ごした6年間は
   ほんと、楽しかったです
   ありがとうございました


とっても短く
でも
そこにすべてが集約されている
力強いことばでした


料理長がお話されている間

会ったことも
見たこともないような

ぐう

の歴史には不可欠だったメンバー全員が

静かに料理長を見ています

ある人は
どつかれたり
厳しく怒鳴られていた頃を思い出していたのでしょう

また
ある人は
豪快に鍋をふりながら
一生懸命に
お客様に出す料理を作っている様子を思い出していたのでしょう


料理長なくして
ぐうはない


それに
ここに
こんなに接点のない人間が
一緒になって
笑ったり
お酒を酌み交わしたり
狭いスペースに肩寄せ合って語り合うことはなかったでしょう


料理長が座った瞬間

どこからともなく

   ここにいるメンバー全員
   今の立場はみんなそれぞれ違うけど

   みーんな
   料理長の弟子やねんからな



聞こえました

みんながうなずいている

と同時に
料理長が少し涙ぐんでいました


   みーんな 料理長の弟子


その一言は

本当に何の接点もない

年齢も年代も
学歴も仕事も
共通性にかける

わたしたち全員の
絆を新たに作り出したような気がしました


バラバラなものが
一瞬にひとつになった瞬間でした


バイト先が
閉店する

なんていうことは
決して
気持ちのいいものではありません

でも
今ここに集っている
まったく知らないもの同士
みんなが
ぐうの仲間

それを
深く理解できた

さみしいけど
ほんのり優しいきもちになれた
送別会でした


[写真]  寂しいときも悲しいときも、甘いものは優しく身体にしみこんでいきます  

e0009714_20532734.jpg

[PR]
by nahomi_sue | 2005-08-28 20:56 | 日々のいろいろ

お祝いごとのお話

たぶん
誰もが

自分のお誕生日や
誰かのお誕生日には

心が温かく
幸せな気もちになりますよね

お祝いする方も
お祝いされる方も

なんだか
とっても嬉しいもの


みなさんは
Hard Rock Cafe
行ったことありますか


もともとは
アメリカの
エンターテインメント性抜群の
レストラン

日本にも結構店舗が増えていて
大阪にも2軒あります


ここで
お誕生日パーティを開くと
大音量の音楽と共に

店内の大きなスクリーンで
"Happy Birthday"
と映し出され
店内のお客さん全員を巻き込んで

Happy Birthday!!!!!

とお祝いしてあげます

歌えや踊れやの大騒ぎです

ノリがいいのがウリで

店員さんのテンションが高いから
酔っ払ってるお客さんも
テンション上がりっぱなし

音楽 ノリノリ
店員 ノリノリ
お客 酔い酔い

なわけです



お店で
お祝いごとのお手伝いができる

って
とってもすてきだと思うのです

今も
バイト先で

結婚式やその2次会
お誕生日会

何かしらお祝いの会が
開かれます

そんな時
その人たちとは
全く関係ないわたしですが

たまに
一緒に
泣いたり笑ったりしています


自分がお店を開く時は
そんな

ハレの日を
盛大にお祝いしてあげられる
お店にしてあげたい

そう思います


で。
ぜんぜん関係ないのですが
わたしのお誕生日を祝っている日
この人
お祝いしているみたいです



[写真] チョコレート色って魅惑的だと思いませんか


e0009714_11362078.jpg

[PR]
by nahomi_sue | 2005-08-27 11:39 | 大好きな 人 こと ものの話

方向音痴か。

昨日
難波で
8月につぶれない方の
送別会があった


去っていく社員さんは
わたしと同い年


 今な、いわゆる
 NEETくん
 やねん

って言ってた

9月から就職活動をするらしいけど
しばらくは
お休みして
仕事中にはできないことを
していたい

とのこと


気持ち、すっごいわかる


今しかない!

って思ったら
いてもたってもいられなくなる
ってことあるよね


今自分が変わらなきゃ
一生
このまま流される自分に
なってしまう

ていう気持ち

たぶん
人生には
『一生』
なんていうこと
ないんだと思う

『一生同じ仕事』
『一生同じ家』
『一生同じ恋』
『一生同じ気もち』


人間は
変化していく生き物だし
ものごとも
時代も
どんどん変わっていくから

それに
どんどん柔軟に対応していくもんだと
思うんだな

わたしも
4年前に
関西に戻ってきて
調理師学校に行く

なんて思ってもなかったし

去年にしても

実は

調理師学校に行こう
って

実現するまで
強く思ってたわけじゃない

人間って不思議

気もちは変化していくもんだね



それにしても

送別会

会場すぐそばの
地下鉄の出口から出たのに

30分経っても
道頓堀側に着かない

なんか知らんけど
高島屋が見えてきた


延々反対に歩いてたみたい

遅刻すること30分

着いたから良かったけど・・・

大阪はわからん!
[PR]
by nahomi_sue | 2005-08-26 17:25 | 日々のいろいろ

チリも積もれば

昨日
大阪から帰って来たのだけど

山口でのショートステイを思い出すと

本当にたくさんの
すてきなすてきな人たちに再会できた
とっても
有意義な時間の連続だった


会社での2年間は
過ぎてみれば
すごく短くて


っという間だったのだけれど

今回再会して

そこで出会った人たちとの
『絆』は
自分が思っていたよりも強かったことに
気付かされた

と同時に

驚いた


仕事としては
きっと
何の売り上げにも影響していないだろうし
先輩・上司・同僚たちの
大事な時間の80%くらいを

なほみ教育

に費やしたと言っても過言ではないくらい
手のかかる存在だったと思う

仕事中に

泣いたり
笑ったり
怒ったり

体調崩して1ヶ月会社休んだり
インタビュー取材中、カメラマン側からパンツが見えてたり
フロア内を走り回ったり
ゲラゲラ手を叩いて爆笑したり
大量の鴨鍋をたいらげたり
ディレクター(男:水着姿)のおなかをマイクの棒でつついてみたり

いろいろだった

そんな
おそらくは問題児の1人だったと思う
わたしを
みんながあたたかく迎えてくれた

会った瞬間になぜか大爆笑されたり
「なんだぁ。太ってないじゃん」とか
「何?出戻り就職?」とか
反応はいろいろだったけど


その会社の内情を知っているからか

今の『部外者』のわたしに
たくさんの人が

秘密のお話

をしてくれた

おそらく
会社内のことで
いろいろ不満・不安をともなっての
喜怒哀楽があるのだろうけど

同じ会社で一緒にいる以上
言えないことが
みんなあるんだな
っていうことを知った


だれかにこの不安を話したいけど
だれに話したら良いんだろう


このいらだちをわかってほしいけど
本人には言えない


今すっごく楽しいけど
周りが忙しいから浮いた話はできない

っていう

人間の実際


部外者だから
できる

部外者じゃないと
できない

そんなお話がたくさんだった

具体的なアドバイスを伴うことは
わたしの中にある過去の資料しかないから
できないけど

聞いてあげて
わたしのなかに
しっかりととどめておいてあげること

それがみんなにとって一番なんだな

そう思った


それにしても
その人たちと楽しんだ
食事やお酒
数々のスイーツ

いつになく
特別においしかった


[写真] 以前初めて行ったハワイアンバーガーを食べられる難波のお店★

e0009714_1534316.jpg

[PR]
by nahomi_sue | 2005-08-24 15:38 | 大好きな 人 こと ものの話

味噌カツサンド

愛知の万博には何の関係もありませんが

わたしは
結構
名古屋というのか
愛知というのか
あの辺りのご飯が好きです

今日
大阪に帰ってくる時に

駅弁なんかを見ていると

愛地球博弁当

とか

味噌カツ弁当

とか

レディース弁当(中身は味噌カツ)

とか

なんだか
あやかり商品がたくさんありました

朝7時ごろに朝ごはんを食べたっきり

昼の3時になるまで
昼ごはんを食べる機会を
失っていたので

買おうか迷いましたが

駅構内のカフェに行こうと思っていると

キレイに満席。

仕方なく
コンビニのようなお店に入ると

おいしそうなサンドイッチがいっぱい

不思議なのもあって

かにカマの入ったサンドイッチやら
ゆでたまごがごっそり入ったサンドイッチやらで

豪快なものがありました

そのなかでも

味噌カツサンドは群を抜いて
異色を放っていました

他のサンドに比べて
サンドイッチ自体の圧倒的な厚さと
あふれんばかりのキャベツと

これでもかっ
ってほど、なんだか黒いカツ

妙に残ってるところがまた
妙に気になって

買ってしまいました

喉が渇いていたにも関わらず

コーヒーを1カップしか買わなかったため

カツサンドの味噌の辛さが
やけに喉の渇きを促進させて

結局

一つ目を食べ終わるまでに
飲みきってしまいました

これは続けて食べられない

と思い
残して
おうちに着いてから
ちゃんと飲み物も買って
食べました


味噌カツ自体は大好きだけど

ご飯の方が合うな・・・

と妙に感心したサンドイッチでした

でも
こんな
あやかり商品
を全国巡って探してみたら楽しいかも


ちょっと思いました


[写真]  大阪・天王寺のカフェ  サラダの上に乗っているのはサツマイモでした

e0009714_16161358.jpg

[PR]
by nahomi_sue | 2005-08-23 16:16 | 日々のいろいろ

秋吉台のトルコ

日付が変わってしまいましたが

昨日今日と
専門学校の友達が
二人
地元・山口に
はるばる
遊びに来てくれました


早速

秋吉台へ行ってみたい
との要望に応えるべく
少し迷いながらなんとか行き着きました


前の仕事で何回も来てるはずの
秋吉台


運転していた上司にどれだけ頼りきっていたか
ものすごくわかる瞬間

秋吉台ってどこ…だったっけ…??



ボケ~

っと助手席に乗ってたんだなぁ

改めて認識しました


あぁ
一番若いのに運転もせず
途中コックリコックリ船を漕ぎながら
目的地まで気楽でいてごめんなさい


素直に
前の上司に心の中で謝りながら

目的地までの道のりを
律義に教えてくれるカーナビに大感謝しながら
ようやく着きました


今はちょうど
緑色がきれいなカルスト台地を
友達二人はとっても感激しながら
眺めていました


雨が少し降っていたので
カルスト台地もそこそこに
車でゆっくり走って
流れゆく景色を楽しんでもらっていました


しばらくすると


いるいる。


カルスト台地のど真ん中にある
大きな大きな駐車場に
奇妙なバンが2台
並んでいます


氷の旗がパタパタ
風に揺られている
その横で



串に刺さったケバブを
ナイフ片手にゆっくり歩きながら
ちょっと白髪まじりの大きな男の人が
食べていました



前の仕事で
ここを通るたび
すっごく気になっていました


派手なバンと
背の大きなトルコ人

そして
その彼が売る
手作りのトルコアイス

片方のバンの中には

カタカナで

バニラ
ピスタチオ
ローズヒップ
桑の実
ミント
チョコレート

などと書かれたボードと
アイスの入った
ショーケースがあるのです



おいしいんだろうか


気になって
早3年

友達もいることだし
食べ物に興味ある
3人だし

試してみるか


友達二人は
ローズヒップ
ピスタチオ
わたしは
桑の実を試してみることにしました


素材の味がそのままで
香りも強く
何の雑味もなく
クリームのコクはあるけど
素朴なあっさりした
味でした


はじめは
アイスのことで
そのトルコ人の男の人と
いろいろ話をしていましたが


友達とわたしが
トルコへの旅行経験もあるため
その話もしながら

奥様と見られる日本人の女性と
いろいろなことを話しました



日本に暮らしてたら
わからないかもしれないけどね
君たちは
本当に恵まれてる

日本が
世界のスタンダードではないんだよ

だから
日本の生活を
当たり前だと思ってはいけない

日本は豊かな国だから
誰にでもチャンスがあるし
やろうと思えば
何でもできる

なのに
日本にいると
それがわからない

そう
身振り手振り
力強く話されていました


日本にいるとわからない

その感覚
いろいろなことが
それに置き変えられる
と思いました


家族とずっと一緒にいると
家族のありがたみがわかりません

他の誰かと暮らして
初めて
今までの家族と暮らす
ということがいかに簡単か
わかります


学校にいると
夏休みや冬休みの
ありがたみが
わかりません


近くにあればあるほど
そのありがたみが
わかりません


ふと
わたしが
日本人じゃなかったら

今ごろ
何をしていて
何を目標に
毎日を過ごしているんだろう

そう思いました


もしもわたしが
ガザ地区に住んでいた
ユダヤ人だったら


もしもわたしに
イスラム原理主義を唱える
兄弟がいたなら


もしもわたしが
中国で月収1万円くらいの
日本企業に勤める労働者だったなら



ひとつのアイスクリーム
ひとりのトルコ人

恐らく人生最後の夏休みの
ふとした瞬間に
いろいろ感じた秋吉台でした
[PR]
by nahomi_sue | 2005-08-22 10:46 | 大好きな 人 こと ものの話

たかが1kg、されど1kg。

やせた。

お店100軒めぐるという
公約(?)を達成すべく

たいてい
昼も夜も外食

そして

しっかりおやつ付き

昨日も夜は
フランス料理のフルコース

今日は
昼は中国料理
夜はイタリア料理を
食べに行く

さて。
なんでやせたか。


わたしは
イスに座っていると

この人、背低い

と思われがちな人間で

立ち上がると

え!?そんなに身長あったの?

と聞かれるほど
姿勢が悪い

それに伴って
腰痛もひどいし
生まれつき背骨が少しゆがんでいるらしく
仰向けに寝ることが
しんどい

整形外科の先生によって
やわらかいベッドは禁止され
今はフローリングの床に布団を敷いて寝ているありさま

でも
先日
こんな話を聞いた


以前は辻の先生をしていたけど
今は
マッサージを職業としている女性と
ご飯を食べに行った時のこと



    姿勢が悪いと
    胃が圧迫されて消化が悪くなり
    背筋や側筋、腹筋も使わないから
    太りやすい



らしい


ということは

わたしは生まれてこの方
太るための姿勢を
ずっと
24年間にわたって
楽だし
好んでしてきた

ということ



こりゃ、いかん。


その日より一念発起。

意識して
イスに座るときは、姿勢を良く
頭を引っ張られているかのような感覚を持って
背筋を伸ばすようにした

すると
たくさん食べてるはずなのに
そんなに苦しくもないし
なんだか
胃が楽な感じ。

いいな、これ。

ってことで
続けること4日間

体重が減ってる!

ちゃんと体が機能し始めたのか

食べ物の消化に関してはとっても
楽チンになった!

すばらしい。

姿勢をよくすれば
簡単にやせられます

なんていう本でも書こうかな。



でもでも。
姿勢をよくするのと同時に
肩にも力が入っているみたいで

妙に最近
肩がこる
[PR]
by nahomi_sue | 2005-08-20 11:55 | 私が思いを馳せること
カテゴリ
以前の記事
画像一覧
Favorite
★実家のかまぼこ屋★
白銀
白銀 若旦那のブログ
★大好きなブログ★
Cheers!mama
Jessica
Kelly
Maya
You
Restaurant Matsuoka
フォロー中のブログ
ライフログ
記事ランキング
ブログパーツ
その他のジャンル