☆明るく楽しく笑顔で元気に☆


B型だと思って30年生きてきたAB型の夫とベビーの日常をつづっています    
by nahomi_sue
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ジュマンジ・カフェ

映画の話ではありません



最近
肥満児がとっても多い
と思ったことはありませんか


スーパーや繁華街を歩いていると

いるいる

ころころとした肥満児ちゃんたち



わたしのカフェ構想の中には

肥満児ちゃんをなくしたい

とか

とにかく
健康に気を遣っているの!!!

といった方々に利用してもらえるような
メニュー作りをしたい

というものがあります



最近の授業で習ったことなのですが

子どもの肥満と
大人の肥満で何が違うのか・・・

というと
脂肪細胞の数が多いか
脂肪細胞自体の大きさが大きいか

ということらしいのです

つまり

子どもの場合

太っていく=脂肪細胞が増えていく
(イメージ:微生物の細胞分裂)


子どもの頃はとっても細かったのに・・・という大人の場合

太っていく=脂肪細胞の大きさが大きくなっていく
(イメージ:ブドウの果実が大きく実っていく)

ということらしいのです

ということは。
子どもの頃に肥満だった人は

ただでさえ脂肪細胞多い+大きくなっていく

という状態だそうです


たぶん
みなさんがそうだと思いますが

健康に気を遣ってるつもりでも
仕事の関係上仕方なく外食が多い

とか

子どもとゆっくりご飯を食べる時間がない

とか

一家族が抱える食生活における問題って
けっこう多いと思います


自宅ではなかなかできない

健康的で
楽しくご飯が食べられて
自然とも触れ合えて

なんていうことを

外食先で手軽にできる

そんなお店があったら
みなさんは来てくれますか?


肥満体質改善・健康志向の方むけの
健康的なメニュー作りもさることながら

ちっちゃい子ども連れのママたちが
ゆっくり安心してお店でゆっくりできるように

ママやパパたちの目がしっかり行き届くように
ガラス張りで作った

キッズプレイルーム(子ども部屋)

も作りたいと思っています


子どもと一緒にゆっくりご飯を食べた後

キッズは子ども部屋に行き
お絵かきや積み木などでお遊びの時間

ママとパパはゆっくりコーヒータイム
なんていうことを可能にしてあげたいのです


今日も
NHKのクローズアップ現代で取り上げられていましたが

最近は
子どもは
自分の好きなものしか食べない
親は
子どもの好きなものしか与えない

というスタイルが増えてきているそうです

自分のおなかを痛めて産んだ子どもを
食べものでゆっくり苦しめているようなものだと思いませんか

好きなものでしか育っていない子は
体力・知力・思考能力などいろいろな面で
いろいろなものをバランスよく食べている子どもより
劣るようです

好きなものしか与えない親
というのは
親が教えるべきことを少々欠いている気がします

それは
食べものありがたみと
いろいろな食べものを食べる楽しさ
を教えることです

魚が嫌いでも
野菜が嫌いでも
牛乳が飲めないでも
何でも良いのですが

一つの食べものの味
別のものとあわせたときの味
それに塩をかけたときの味
それに砂糖をかけたときの味
それを煮たときの味
それを焼いたときの味
それを・・・・・したときの味

野菜ひとつとっても
調理法や食べ方によって
すべて味が違うのです

ものすごくおもしろい事だと思いませんか


大好きな子どもの未来のためにも

体と心に優しいカフェを作りたいと思うのです






ジュマンジ・カフェ
というのは
ただ肥満児に聞こえが似ているから
タイトルにしただけです


[写真]  故郷の虹

e0009714_21375134.jpg

[PR]
by nahomi_sue | 2005-11-29 21:40 | 日々のいろいろ
カテゴリ
以前の記事
画像一覧
Favorite
★実家のかまぼこ屋★
白銀
白銀 若旦那のブログ
★大好きなブログ★
Cheers!mama
Jessica
Kelly
Maya
You
Restaurant Matsuoka
フォロー中のブログ
ライフログ
記事ランキング
ブログパーツ
その他のジャンル