☆明るく楽しく笑顔で元気に☆


B型だと思って30年生きてきたAB型の夫とベビーの日常をつづっています    
by nahomi_sue
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

里帰りしてからのこと

6月26日に里帰りし 次の日に地元は山口の産院へ行きました

東京とは勝手も違うし 診察時間もとても長く半日仕事

その代わり
先生はとても丁寧な方で いろんなことを詳しく教えてくれます

今回の診察でわかったのは 子宮頸管(産道)が一般より短いらしく
赤ちゃんが下がり気味のため あまり動くと早産になるとのこと

今まで毎日のようにお散歩をしたり 出歩いていたのですが
この期に及んで『安静指示』を出されてしまいました

正期産と呼ばれる 早産にはならない通常のお産までの約2週間

とにかく安静にして 赤ちゃんが下がってこないようにすることと言われました

その1週間後 血液検査のために来院した際 再び子宮頸管を測ると
前回よりまた1cm短くなっていて もしおなかが張っていたら入院
となるところでしたが

そこは大丈夫だったようで さらなる自宅安静を言われました


もともとお休みの日などに一日中寝て過ごすこともなく
ずっと寝ていなくちゃいけないのがけっこう苦痛で
ついつい家事をしてしまったり ベビーグッズをごそごそ整理したり…

ベビーには 正期産(7月16日)まではおなかにいてね〜と話かけながら
適当に動いて過ごしています

予定日は8月6日なので
泣いても笑っても ベビーがおなかにいてくれるのは あと少し

一生に一度か二度しかないだろうこの感覚

今のうちに しっかり楽しみたいと思います
[PR]
# by nahomi_sue | 2011-07-09 05:41 | おなかのベビーのこと

☆里帰りのお話②☆

6月26日 日曜日

前日から神戸のホテルに泊まっていたので
朝は自然と目が覚めるまで2人して寝ていました

午前中は
施設にいるtutuくんのおばあちゃんに会いに行く予定にしていたので
駅近くのカフェで朝食をとりました

イートインスペースには
もうすぐやってくる七夕に向けて笹が飾られ
短冊やサインペンがたくさん置いてあったので

先に食べ終わったtutuくんから短冊へお願い事を書くことにしました


なんて書くんだろう…
サンドイッチをほおばりながらぼぉっと眺めていると


『元気で健康な赤ちゃんが産まれますように』



tutuくんの丁寧な字で書かれたそれを見て
とてもあたたかい幸せな気持ちでいっぱいになりました

結婚して3年が経ち ようやく授かった小さな命

おなかの中で 確実に愛情をたっぷり受けて育ってる 2人の大切な大切な赤ちゃん

産むのは私だから
実は 1人で出産に対する重責を感じていたのだけれど

tutuくんのその一言が

大丈夫 離れていても心は常に側にいるよ

という強い支えになってくれたように思え とても嬉しかったのです

妊娠中 普段にも増して涙もろくなっていた私は
自分でも止められないくらいポロポロと泣いてしまいました

涙も飲み込むように食べ終わった後 今度は自分のお願い事を書きました

『元気な赤ちゃんの出産に tutuくんが立ち会えますように』

そうして短冊を飾った後は 電車を乗り継ぎ 施設へと向かいました

約1年ぶりに会う90歳を超えたおばあちゃんは今までで一番元気で
前回は会話に必要だったメガホンも必要ないくらい耳もよく聞こえ
おばあちゃん自身もtutuくんが子どもの頃のお話などたくさんしてくれました

行くたびに

子どもがおったら幸せやで〜

と言われていたので 今回は自分たち自身でその報告ができ
おばあちゃんもとても喜んでくれました

今度 産まれ大きくなったら連れてくる約束をして
最後にまん丸になったおなかをさすってもらい
お別れをしました


神戸に再び戻ってきて 北野にあるイタリアン料理屋さんへ向かいました

お義父さん お義母さん お義姉さん お義兄さんと私たち夫婦が揃い
美味しいお料理をフルコースで堪能させてもらいました

白を基調にしたオープンキッチンの店内は
席数も少なく こぢんまりとしているけど
とても落ち着くおしゃれなお店で
赤ちゃんが産まれたら しばらく来れないだろうなと思いました

実際 今回はお義兄さんの奥さんと2歳の姪が
ご実家の両親と旅行中で来れないということで
このお店にしてもらえたようです

tutuくん姉弟の子どもの頃のお話や これからの私たちのお話をして

食べきれるか心配だったお料理も平らげ

さらには お店を移してカフェでお茶もごちそうになり
とっても充実した時間を過ごさせてもらいました

自分の実際の親や姉兄ではないし 年に数回しか会わないので
毎回なんとなく緊張していたのですが
赤ちゃんができてからは
みんな楽しみにしてくれていることもあって 少し気持ちがほぐれたような気がします

あっという間に夕方になってしまったので新神戸へ向かい
tutuくんは東京行き 私は山口行きのきっぷを買いました

お互い1人だからと指定席にしたのですが 時間的にtutuくんを私が見送るかたちとなり
出発までの間 お土産を見たり お話をしていました

おなかに赤ちゃんがいる間に2人で過ごすのも これが最後で
一日に何回も触ったり声をかけてくれてたのがなくなると思うと
なんだかとても寂しくなってきてしまい
新幹線がホームに到着する頃には また涙がポロポロ流れていました

妊娠中tutuくんからもらった たくさんの優しさだとか
平日クタクタになるまでお仕事をしてくれてる感謝だとか
普段土日のどちらかは仕事をするのに その両方を費やして
今回こうして一緒に過ごしてくれた嬉しさだとか
たくさんたくさん言いたいことはあったのに
その一つも言えることなく ありがとうという一言だけを伝えるのがやっとの
涙のお別れとなってしまいました

お見送りした20分後 今度は自分の新幹線が到着

指定された席へ着いたものの 涙と鼻水が止まることがなく
しばらく隣に座るおばちゃんに好奇のまなざしを受けつつ
約2時間後 無事山口に到着しました


駅に着くと
母と一緒に駅近くに住むおばさん(今は亡き祖母の妹)も迎えに来てくれていて

おじさん・おばさんと夕飯をご一緒させてもらうことになりました

食後
50年近く前の新婚時代の話や白黒写真のアルバムを見せてもらい
くだものたっぷりのデザートまでいただき
tutuくんとのお別れから一転
とてもあたたかい楽しい時間になりました

お家に帰ってからは 母にいれてもらったお風呂にゆったりとつかり
用意してくれたふかふかのベッドに身を沈め
いつの間にかぐっすりと寝ていました

おなかの赤ちゃんとともに
笑顔いっぱい 涙もいっぱいの里帰りとなりました
[PR]
# by nahomi_sue | 2011-07-08 17:52 | おなかのベビーのこと

☆里帰りのお話☆

6月25日土曜日


朝ごはんを少し食べて tutuくんと東京駅へ向かいました
私は山口まで tutuくんは神戸までのきっぷを買った時
いよいよ離れ離れになるんだなと実感しつつ
案外混み合っている新幹線に乗り込みました


まず下りたのは新大阪


約2年会えていなかった親友Kellyのお家へお邪魔するのと
欲しいなと思っているベビーカーを実際に見に行くためです

そのベビーカーはイタリアの会社のもので
大阪は八尾市にある店舗でしか 実物を見ることができなかったので
この機会に行ってみることにしました




Kellyとは家族構成が同じで 弟の呼び方が似ていたり
好きなものの趣味が近く よく学校に同じような格好で通っていたりして
出会ってからは 不思議な親近感を覚えることがとても多かったものです

大学時代に出会ってから
2歳の男の子と4ヶ月の女の子のママとなった今も
会うたびに心をリセットしてくれて 私も頑張ろうって思える大好きな友達です

暑くて大変ななか ダンナ様と子どもたちも駅まで迎えに来てくれて
お家では とーっても美味しい手料理をごちそうになりました

野菜いっぱいのサラダやナムル 玄米のちらし寿司
具だくさんのラザニアや煮豆など
妊婦には嬉しいメニューばかり
そのうえ デザートには私の大好物のアイスクリームまでと 至れり尽くせり

Kellyは tutuくんが元板前だから 手作り料理が口に合うか心配してたけど
次の日も美味しかったね〜って言うくらい気にいってました

前回は産まれたばっかりだったのに もう2歳になった男の子と
今年2月に産まれたばかりの女の子に会えたことも嬉しくて

おなかにいるベビーくんが産まれたら
こんなに楽しくて素敵な毎日になるのかと実感しました

男の子は 人見知りも全くなく
挨拶やありがとうがちゃんと言えて 常に笑顔で楽しそうにしているので
一緒にいる人たちを幸せな気持ちにしてくれる存在

両親含め 周りの人たちの愛情をたっぷり受けてるんだなと思いました

子育てをしながら ますます素敵になっていく親友を見ながら
とても幸せな時間を過ごさせてもらいました


tutuくんも ベビーくんが産まれてからの実感がわいたようで
私が里帰りから帰ってくるまでに
部屋の配置換えして…あれ買い足して…と言っていました

家族が増えるって 本当にワクワクするものです

ベビーカーも気に入った一品が見つかり
店舗まで車で連れて行ってくれたKelly一家には
本当にお世話になりっぱなしで感謝いっぱいです
本当にありがとう!



次の日にtutuくんの家族とご飯を食べる予定で
夜は神戸のホテルに泊まることにしていたので

元町に着いてから中華料理店で夕飯を食べました

本当はtutuくん一家が昔から通ってた中華料理店に行くつもりが
昨年で閉店したとあったので のれん分けしたかのような同じような名前の
お向かいのお店へ行ってみました

ところが席についてみると なんとメニューに値段が全く記載されてなく
自分たちが選んだものがいくらなのかわかりません

戦々恐々としながらも
お客さんで混み合っていたお店なので 味は確かなんだよと言って
食べたいものをいろいろ選んでみました

結果…味はすべてが絶品!

ココナッツプリンのマンゴーソースがけが食後にサービスで出たのですが
これもまたとろける食感で美味しいし 接客のおばちゃまはとっても親切で
本当に良いお店に入れたねと言っていました

値段は…というと なんと2人が想像していた額の倍!

あれだけ美味しいんだもの 出産前の最後の晩餐だし良いよ!と2人して前向きに(笑)


その後は tutuくんのお兄さんの営むバーへ行きました

4階の店内からは ライトアップされてる神戸大丸が真正面に見え
切り絵作家をしている奥さんの作品も置いてあって
とても落ち着くお店です

2人とも飲めないのでジュースをごちそうになり
歩いてすぐのホテルへ向かいました

着いてから 日々の疲れもあってすぐ寝てしまったtutuくんに対し

私のほうは 妊娠中にtutuくんと過ごす最後の夜かぁ…と思い
なんだか寝てしまうのがもったいないような気がしていましたが

いよいよ夜も更けて眠くなった時

tutuくんが寝返りをうって ベッドの中心で手足を広げたため
私が横になるスペースがなくなってしまいました

ちょっと〜と思いながらも
身長180cmのtutuくんの体を おなかの大きい私が動かせないので
しばらく隣の小さいスペースで座っていました

夜更かしだったけれど
幸せな気持ちいっぱいの一日となりました☆
[PR]
# by nahomi_sue | 2011-07-08 11:45 | おなかのベビーのこと

帰ってきました

e0009714_2384636.jpg

小さい頃のわたし むっちむちですな

先週末を利用して 山口県へ里帰りしました

その時のお話は また次回☆
[PR]
# by nahomi_sue | 2011-07-01 23:08 | おなかのベビーのこと

妊婦の食べ歩き

e0009714_818153.jpg

e0009714_818144.jpg

ずーっと気になっていた そば粉のガレット

今月はじめ 出産前に最後のカットをしておこうと 表参道の美容院へ行ったので

帰り道にある『ル・ブルターニュ表参道店』へ行ってみました

フランス人のギャルソンがとても親切に案内してくれて
一人でも入りやすく 木目調の落ち着いたお店で素敵でした

今回いただいたのは 好
みのガレットにサラダと飲み物がついていて
スープか甘いガレットをセットにしたりできるランチです

妊娠して以来 甘いものがそこまで欲しくなくなったので
今回はかぼちゃのポタージュスープにしました

ドリンクは 氷なしのオーガニックアップルジュース
(カップに入ってるのがそう)

ガレットは イベリコ豚のチョリソー チーズ 卵ののったがっつり系

サラダタイプのガレットもあるなか
妊婦には塩味多めのチョイスだったなと反省しつつ

もっちりして香りの良いガレットと旨味たっぷりのチョリソーを堪能しました


またいつか行きたいな
[PR]
# by nahomi_sue | 2011-06-27 08:18 | 美味しいもん食べました
カテゴリ
以前の記事
画像一覧
Favorite
★実家のかまぼこ屋★
白銀
白銀 若旦那のブログ
★大好きなブログ★
Cheers!mama
Jessica
Kelly
Maya
You
Restaurant Matsuoka
フォロー中のブログ
ライフログ
記事ランキング
ブログパーツ
その他のジャンル