☆明るく楽しく笑顔で元気に☆


B型だと思って30年生きてきたAB型の夫とベビーの日常をつづっています    
by nahomi_sue
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ムチムチポチョポチョ☆

e0009714_17561638.png

8月があっという間に終わり
気づけば朝晩は秋の風が吹いています

ベビーくんは順調に大きくなっていて
壊れそうなほど細かった手足はムチムチに
手のひらサイズのお顔は みるみるポチョポチョに…

意思をもって泣くようになったのか
そう私が気づけるようになったのか

泣き声で

眠たい!
オムツ替えて!
暑い!
抱っこのしかた変えて!
おなか空いた!

などなどがわかるようになりました

ものをつかむのが今はお気に入りで

おっぱい中に私の二の腕をつかんだり
抱っこしてくれた母の下唇をつかんだり
自分の肌着の紐をつかんだり

もともと赤ちゃんには
手に触れたものをつかむ反応が備わっているらしいのですが
今は自分から手を伸ばして握ります

また
だんだんと目が見えるようになってきたようで
最近はちゃんと目が合うようになりました

生まれたての赤ちゃんの視力は0,1程度だそうで
それが発達してくるようです

こちらのわらいかけにも
にや〜っとしてくれるようになりました

一日の大半は寝ていますが

抱っこしていないと寝ないので
長い時は1時間以上抱っこでウロウロしています

体重が4キロを超えているので
足腰が鍛えられます

産休中の消防士の友達は
抱っこしたまま筋トレしてたらしく
かなり効く!と言っていました


東京へ帰る日も決まり
あとは山口での生活を存分に楽しもうと思います


今まで経験したことないくらい苦しい出産で
産後の傷も体調も散々だったけれど

時が過ぎれば その辛さはすっかり消え忘れました

かわいいベビーくんを毎日眺めながら
子どもを育てるってことは
楽しくて幸せだなと感じています

これからたくさんのことができるようになり
きっと毎日が成長の連続だと思うので

しっかり見逃さないように
見守りたいと思います☆
[PR]
# by nahomi_sue | 2011-09-02 17:56 | 産まれたベビーのこと

B型同士の子どもはAB型でした

e0009714_15314483.jpg

泰誠くんが産まれて 30日が経ちました
毎日忙しくしているわけではないのに
一日があっという間に過ぎていきます

9日から14日までtutuくんが夏休みで山口まで来てくれたので
家族水入らず ずっと一緒に過していました


tutuくんには内緒にしていたのですが
出産直後 泰誠くんの血液型検査をしたところ
私たちB型夫婦にはあり得ない
AB型が出てしまいました

事前に夫婦の血液型を助産師さんに言ってあったので
まだ入院中のある日
私が1人で病室にいる時に報告に来てくれました


血液型検査は2回したので
泰誠くんは間違いなくAB型であること

東京の産院でしていたけど 私ももう一度血液型検査をし直すこと

子どもの親は間違いなくtutuくんか…などなどを再確認

tutuくんが血液型を勘違いしている可能性が高いとのこと


里帰り中の離れ離れの時に
自分たちB型夫婦の子どもがAB型だった
と聞くと いらぬ心配や疑いを持つことになるので
とりあえず今は黙っておくようにと助産師さんに言われたので


夏休みで山口へ来る時に 内緒でtutuくんを血液型検査に連れて行くことになりました




そして 夏休み

泰誠くんの検査結果でtutuくんの血液検査が必要と無理やりな嘘をつき
産院でtutuくんの血液型検査をしてもらいました

数分後

看護師さんに呼ばれ 診察室に入ると
先生をはじめ 助産師さん以下みなさんお揃いで
私たち夫婦を迎えてくれました

結果…

tutuくんはAB型ということが判明し

そこで ようやく種明かし

なぜtutuくんの血液型検査が必要なのか
先生の方から今回の経緯を言ってもらいました


泰誠くんの検査でなぜ自分の血液検査が必要なのか
実は疑問に思っていたらしく

しかも 山口へ来てから血液検査があると私が伝えたので
その心づもりでなかった注射嫌いなtutuくんはかなり動揺したそうです

なぜtutuくんはB型だと思っていたのかというと

子どもの頃はA型っぽい性格だと言われて信じていたそうですが
小学生の頃 サッカークラブの合宿前
ケガをした時のために血液型検査をするよう言われ
その結果はB型だったとのこと
疑う余地もなく 今までB型として生きてきたそうで

今回は本当にビックリしていました


私としては tutuくん以外の子どもはあり得ないし
自分は間違いなくB型なので
tutuくんが間違っているとしか思えませんでした

でも 実際結果が出るまで本当にドキドキ…

2人とも料亭で働いていた頃は
tutuくんの仕事ぶりが几帳面だしA型だと思っていたし

でも B型だと聞くと そうだな〜と思うところもあって

今回の結果については 納得!の一言


この検査のあと
tutuくんはAB型がどんな性格なのか勉強すると
血液型の本を買いに行きました(笑)
[PR]
# by nahomi_sue | 2011-08-19 15:31 | 産まれたベビーのこと

☆無事に退院しました☆

e0009714_1852195.jpg

e0009714_1852192.jpg

出産から一週間があっという間に経って
今日 無事に退院しました

毎日美味しいご飯+おやつが二回も出て
看護師さんがいつも気にかけてくれて
前日のランチにはフレンチのフルコースが出て
今日は院長先生からお花をいただき
入院から退院まで 快適に過ごさせてもらいました

泰誠くんも元気いっぱい
おっぱいも上手に飲むし たくさん動いて よく寝ます

まだ傷も痛むし まともに生活できるまでは回復してないけど
実母に甘えさせてもらいながら
自分なりに育児を楽しんでいけたらいいなと思っています☆
[PR]
# by nahomi_sue | 2011-07-26 18:52 | 産まれたベビーのこと

☆産まれました☆

e0009714_7515050.jpg

予定日より17日早い 2011年7月20日

体重2952g 身長47cmの男の子を出産しました

19日の夕方5時半に破水し すぐに産院へ

起き上がると羊水がどんどん出て 赤ちゃんに影響するため
陣痛が来るまで寝たきりとなりました

夜中から徐々に弱い陣痛が始まりましたが
午後3時頃になっても 子宮口は5cmのまま
(10cmまで開くとお産になる)
食事もまともに取れなかったため 私の体力がもたないと判断され

夕方5時頃から徐々に陣痛促進剤を増やしていきました


吸ったり吐いたりで酸欠気味だったので
酸素吸入もしながら出産の時を待つこととなりました


陣痛促進剤を使用してからは陣痛が定期的になり
いよいよ赤ちゃんを生み出すように
息を吸って吐いてを繰り返しながらいきむのですが

子宮口が全開になっても産道が狭く赤ちゃんが出てこられず

最後は

看護師4人がかりでおなかを圧迫して 赤ちゃんを押し出し

前では 先生が頭を引っ張りながら ようやく出産となりました

酸欠気味で意識がなくなるほどの出産だったため 誕生の瞬間がわからず
看護師さんに『産まれましたよ 』と言われたのに実感がなく
『え?本当に?産まれた?』と何回か確認していました

初めてわが子と対面できた時は
テレビで見たり人から聞くような感動の瞬間ではなく

経験したこともないフルマラソンを母子でゴールできたような
達成感と疲労感でいっぱい

産まれたわが子は 真っ赤になるくらい一生懸命声を出して
小さな口を思いきりあけて 元気に泣いていて
ああ 無事に健康な体で産まれたんだと思うと
安堵しかありませんでした

tutuくんの方はというと

19日に破水後に入院してすぐ 実母から連絡してもらい
広島までは最終の新幹線で来られるということだったので
そこからはタクシーで高速に乗って来てくれました

産院に到着したのは 夜中1時半

すぐにお産が始まるといけないからと急いで来たものの
まだまた私も余裕があるころだったので
元気そうじゃん!と安心していました

それからは 実母ともに出産が終わるまでずっと側にいてくれて
腰をさすってくれたり食べものを口に運んだりしてくれました

赤ちゃんが産まれるその瞬間も 血が苦手なのにちゃんと見守ってくれて

産まれてきたわが子と無事に対面できました

ただ
あまりにも私が苦しそうだったので こちらも感動の涙は出ず
無事に産まれたことがなによりだったようです


出産する前は お産に対してのマイナスイメージはほとんどなくて

十数時間すれば 会いたくて仕方なかったわが子に会えるという
楽しみでキラキラした思いだけでいましたが

実際に 陣痛の痛みや苦しさを経験すると
そんな生易しいものではなくて

これからの育児でたくさん辛いことがあるだろうけど
この苦しさを乗り越えたんだから大丈夫

という一種の試練のような感じがしました


それでもやっぱり産まれたわが子は本当にかわいくて
お産の苦しみも癒してくれるし
一緒にいるだけでとてもあたたかい気持ちにしてくれます


名前は『泰誠(たいせい)』と名づけました

里帰りして初めての検診で 早産傾向があると判明してから
寝る前に『もう少しおなかにいてね』と話しかけていたのですが

そんなある日 なぜかこの『泰』という字が思い浮かび
頭から離れなくなりました

一方ではtutuくんが
『誠』という字を名前に入れたいと言っていたので

合わせて『泰誠』にしてはどうかなと提案しました

思い起こせば妊娠期間中
関東大震災が起こったりtutuくんが交通事故にまきこまれたりしたので

この子が産まれたことで
世の中が安泰になるように

誠実に生きて欲しい

人生を思いきり楽しんで大成してほしい

そんな思いをこめた名前となりました



初めての妊娠中は 初期につわりで苦しんだものの
それ以降 何のトラブルもなく 毎日が楽しくて
赤ちゃんの成長を 日々大きくなるおなかに感じ
とても幸せな時間を過ごせました

出産の方は 破水から計26時間かかり
人生これ以上苦しいことはないと思うくらい辛くて
産後は体あちこちが痛くて
本当に大変な思いをしますが

産まれたての赤ちゃんを見ていると
心の中がとってもあたたかい気持ちで満たされ
出産の苦労が全くなくなります

その赤ちゃんを見守ってくれてるtutuくんを見るのも
またとても癒されるものです


妊娠も出産も その人に合った経験をするのかなと思うくらい

つわりがひどい人 トラブルが多い人
お産が軽い人 すごく大変な人

本当に個人差があります

私の話を聞いて
出産って恐怖だとおもう人もいるかもしれないけれど
これはあくまで私の経験なので
こんな出産する人もいるんだなと思ってもらえると良いなと思います


しばらくは実家でゆっくり過ごさせてもらい
慣れたころに東京に戻るつもりです

機会があったら ぜひぜひ泰誠くんに会いに来てください☆
[PR]
# by nahomi_sue | 2011-07-25 07:51 | 産まれたベビーのこと

☆妊婦の食べ歩き☆

e0009714_8283647.jpg

e0009714_828361.jpg

先日 母と母の同級生と私の3人で 山口県柳井市へ行きました

その時に連れて行ってもらったのが
KAZAHANAというイタリアンのお店

ランチは2種類で 私たちがいただいたのは
サラダ・バゲットのトースト・パスタ・ドリンクがセット
もう一つのほうは サラダ・バゲットのトースト・ドリンクと
パスタ・ピザ・リゾット(だったかな)から一つチョイスできて さらにはデザートつき


ビアマグに入ったトーストが珍しくて美味しいとオススメだったので
私は明太バタートーストを 母たちはガーリックトーストを
外はカリカリ 中はふんわりしっとり
バターの香りと明太子の塩分がちょうどよくて
とっても美味しかったです

パスタは具材は決まっているのですが ソースは7種類くらいあるなかから選べます

この日の具材は エビ・カボチャ・ズッキーニ

私はと母はトマトクリームソースを 母の友人はトマトソースをチョイス

他にもクリームやミートソースなどバリュエーション豊かで
何度来ても楽しめそうなお店でした

わが家からは距離があるため なかなか行けませんが
また機会があれば行ってみたいです☆
[PR]
# by nahomi_sue | 2011-07-15 08:28 | 美味しいもん食べました
カテゴリ
以前の記事
画像一覧
Favorite
★実家のかまぼこ屋★
白銀
白銀 若旦那のブログ
★大好きなブログ★
Cheers!mama
Jessica
Kelly
Maya
You
Restaurant Matsuoka
フォロー中のブログ
ライフログ
記事ランキング
ブログパーツ
その他のジャンル